ボウリング

ボウリングの健康効果

ボウリングで脂肪を燃やすコツ

ゆっくり長く、軽く、飽きにくいボーリングで脂肪をたくさん燃やしましょう!

『楽々ペース』のすすめ

「楽々ペース」はご自分の年齢・体力をモノサシに調節します。
楽々とは、隣の人と話しながらできる強さのことで、 うっすら汗ばむが、息切れするほどでない程度のペースです。

楽々ペースの運動は 138-(年齢÷2)
(例) 20歳なら138-(20÷2)=128拍/分
40歳なら138-(40÷2)=118拍/分
60歳なら138-(60÷2)=108拍/分

楽々ペースの運動を高脂血症の人が1時間以上、定期的に続けるとドロドロの血液がめだって薄くなり サラサラ状態になります。

また、運動中に脱水症状にならないためにもスポーツドリンクを飲みましょう。スポーツドリンクは人体の浸透圧に近く、ナトリウム・カリウム・水分量がバランスよく調合され身体がすぐに吸収します。

最高の環境で3世代スポーツを!

ボウリングは3世代が一緒に、対等に楽しめるスポーツです。

年層別ボウリングの健康効果
若者: 成長期の若者が1レーンを1人で連続投球すれば心肺機能増進など運動強度も十分です。
熟年者: ボール・リターン待ちで1球ごとに確実に疲労回復する利点があり、危険な心拍数上昇がなくマイルドな運動が長く楽しく続けられます。

案外気づかないことですが、長いゲーム中かなりのお年寄りでも座ろうとしないことが多く、 夢中になっている様子がわかります。

ボウリングは安全なスポーツです!

スポーツの死亡事故は、ほとんどが急性心臓死です。
米国で「急速に心拍数が上がる」ジョギングよりもコントロールしやすいウォーキングをする人が急速に増えています。

ボウリングならゲーム中の心臓の動きがマイルドで規則正しい上下動を繰り返しており、極めて安全な運動なので安心して楽しめます。

ボウリングでストレス解消!

精神医学者によるストレス解消法

ストレスを放っておくと、うつ病・神経不安症・胃潰瘍・過敏性大腸炎・肝障害・心筋梗塞をもたらす恐れがあります。

適度な運動でストレスを発散することが健康にも一番です。

ボウリングで1.5倍の運動効果を目指そう!

『3つのing』でボウリングの記録も大幅アップ!

手軽な運動なら「続けにくい?ジョギング」と「決して飽きない!ボウリング」がありますが、 気候・体調・生活のリズムで選べて万偏なく運動できる『3つのing』を組み合わせよう。

3つのing
ボウリング/ウォーキング/ダンベリング


ボウリングバッティングゲームコーナーランドリー
Copyright© 2011 Nawate bowl. All Rights Reserved.